サジーという食べ物をご存知でしょうか?

別名「シーバックソーン」や「シーベリー」といった名前でも呼ばれる果物です。

このサジーが最近、少しずつメディアで取り上げられるようになりました。

その理由はサジーに含まれる栄養成分とその効果や効能に注目が集まっているためで、スーパーフルーツとも呼ばれています。

ぜひこの機会にサジーへ興味を持ってください。

サジーとは?その特徴について

サジーは5ミリ~1センチくらいの小さなオレンジ色の果物です。

saji-1

トゲのある固い枝に、ブドウのようにぎっしりと実をつけます。

ロシアを中心に本格的な研究が始まったのは数十年前です。

中国やインド、チベットなどで伝えられている「古典医学書」にはずいぶん昔から紹介され「薬箱」とよばれています。

サジーは、5ミリくらいのちいさなオレンジ色の果物で、トゲのある固い枝に、ブドウのようにぎっしりと実をつけます。

皮はすごく柔らかくて、さわると「ぷるっ」と破れてしまうほどです。

ですがこの薄い皮にも栄養がたっぷり含まれているため収穫の際は枝ごと切って工場まで持っていき、そこで実を落とします。

サジーの枝はとても硬く簡単には折れません。

また太いトゲが生えてるので収穫のときにはシャツを破り、ささる危険もあります。

ただ、水分を含まない乾いた枝なので高山や寒冷地での薪として利用されており、寒い地方に住む人たちに暖かさも提供しています。

そしてサジーだけではなくも注目されています。

は濃い緑色で、笹のように細長い形をしています。

強い直射日光から身を守るため「抗酸化成分」をたくさん含んでいて、健康茶や医薬品としても使われています。

種からはオイルが抽出され、「シーバックソーンオイル」として美肌効果が期待されています。

サジーは最初に宇宙で飲まれた果物ジュース

サジー研究の第一人者であるロシアは宇宙開発の際、宇宙飛行士に健康維持とストレスに対する抵抗力をアップさせるための飲料としてサジージュースを携帯させました。

また、宇宙の強い紫外線による皮膚トラブルへの対処としてもサジーオイル(シーバックソーンオイル)の入った軟膏も提供されたそうです。

これは地球上でいちばん有益で栄養バランスの良い果物だと、サジーの実力が認められた証です。

ではこのサジーにどのような注目の栄養成分が含まれているのでしょうか?

サジーに含まれる注目の栄養成分と効果効能

サジーは、

  • 標高1200~2000mに多く自生し
  • マイナス40度の極寒に耐え
  • 干ばつ(年間降雨量250mm以下の半砂漠)
  • 日照り
  • 温度差
  • 砂嵐
  • 塩害

といった過酷な環境でも負けず生き抜いています。

このように、サジーは大変生命力の強い植物です。

厳しい環境で生きるために200種類以上の栄養素が含まれています。

その中でも代表的な栄養成分は

ビタミン類 ビタミンA,C,E,B1,B2,B6,B12,葉酸など
ミネラル 鉄、カルシウム、亜鉛、カリウムなど
アミノ酸 9つの必須アミノ酸全種類を含む19種類のアミノ酸
抗酸化成分 α-カロテン、β-カロテン、γ-カロテン、
ケルセチン、ルチン、リコピン、アントシアニンなど
脂肪酸 α-リノレン酸、オレイン酸 、パルミトレイン酸など
有機酸 リンゴ酸、クエン酸、キナ酸
その他 食物繊維、ベタイン他多数

ありとあらゆる栄養成分が含まれているので、健康維持美容効果に優れているのがわかりますね。

その中でも特に効果があると言われているのが貧血です。

サジーが貧血の予防や改善に良い理由

最近は貧血の人が多いですね。

特に出産や生理がある女性の方が貧血になりやすいと言われていますが、その原因の一番の理由が鉄分不足です。

サジーには鉄分が100g当たり6.0㎎含まれています。

これは成人女性の推奨量とほぼ同量です。

ただ鉄分は吸収率が良くないため、推奨量を摂取しても全てを吸収できないと言われています。

ですがサジーには鉄分の吸収率をアップさせるビタミンCが豊富に含まれています。

その含有量は100g当たり、320㎎で、これはレモンの3.2倍に匹敵します。

さらに造血のビタミンと言われる葉酸やビタミン12も豊富に含まれています。

これらの貧血予防に効果が期待できる栄養成分が豊富に含まれていることから「サジーが貧血の予防や改善に効果がある」と期待されているわけです。

サジーが白髪に効果があるって本当?

白髪の原因は遺伝の場合もありますが、実は髪に必要な栄養が不足しているという理由も考えられます。

髪の色が黒いのはメラニンによるものです。

このメラニンはアミノ酸の一種であるチロシンを原料にして造られます。

サジーには先ほど19種類のアミノ酸が含まれていると紹介しましたが、チロシンももちろん含まれています。

そしてアミノ酸が豊富なことも白髪に効果があります。

アミノ酸はタンパク質の原料となります。

人の筋肉臓器皮膚毛髪ホルモン酵素免疫物質、血液など大部分はタンパク質で構成されていて体内で常に合成と分解を繰り返しています。

つまりタンパク質の原料となるアミノ酸が不足してしまうと髪の毛に栄養が届かなくなり、白髪が増えてしまいますが、サジーはアミノ酸が豊富に含まれているので白髪に良いと言われています。

さらに白髪にはミネラルの一種である亜鉛が欠かせません。

亜鉛は新陳代謝や細胞分裂を促進させる働きがあり、髪の毛の成長にも大きな効果をもちます。

亜鉛をきちんと摂取することで、新しい髪の毛(ケラチン)が作られます。

それにより白髪や抜け毛の改善が期待できます。

実は貧血白髪は血液の中の栄養を運ぶ鉄タンパク質の一種であるヘモグロビンが少ない状態をいいます。

つまりサジーを飲んで鉄分などを補給して貧血を改善すると白髪の予防や改善につながるのです。

サジーを飲んでぜひ貧血と白髪を改善しましょう。

このほかにも多くの健康効果や美容効果が期待されています。

宇宙飛行士がサジーを飲んでいたという以外にも

  • 1986年に、チェルノブイリ原発事故犠牲者の多くがサジーによって治療された
  • 1988年ソウルオリンピックにて、中国代表のオリンピック選手たちは国の指定飲料としてサジーを飲んでいた

という話もあります。

※放射線にサジーが効くとは医学的には認められていません

普段薬を飲んでも改善しないという人は栄養補助食品として一度サジーを飲んでみてください。

サジーってどんな味?食べ方や口コミについて

サジーそのものは手に入らないので、加工品を食べることになります。

ジュースで飲むのが一般的です。

その味は人によって表現方法はさまざまですが。。

  • びわを渋くしてすっぱくした感じ
  • 苦味はなく甘みを感じるので、まずくはない
  • あと味に独特な渋みが口に残る
  • においは漢方っぽい感じがする

などの意見があり、オレンジジュースやリンゴジュースのように美味しいとゴクゴク飲めるものではありません。

私の場合は苦手な味というのがあまりないのでそのままでも飲めました。

ですが苦手な方はサジージュース(またはピューレ)をヨーグルトに混ぜたり、アイスクリームにかけたり、オレンジジュースに混ぜて飲むのもおすすめです。

サジーの正しい選び方とおすすめ品

実はサジーは6種類あり、12亜種存在します。

自生している場所によって、同じ品種でも栄養価が違うと言われています。

その中でも厳しい環境に生きているサジーのほうが、その環境に耐えるために、豊富な栄養素を持っているのです。

なかでも、ビコアサジーは栄養価が高い品種と言われています。

1800メートル級の高山に自生し、降雨量は年間100ミリ程度です。

これは梅雨の時期の日本で言うと1日にふる雨の量とおなじくらいです。

抗酸化力を表すorac値(高いほど抗酸化力が強い)

  • モンゴル産サジー :1453
  • チュイスクサジー :1101
  • ビコアサジー   :7362

ビコアサジーが断トツで高いです。

商品を選ぶ際に、参考にしてみてください。

まとめ

栄養豊富な果物はたくさんありますが、200種類以上の栄養成分が含まれている果物はサジーなどごくわずかです。

今回は特に貧血と白髪についての効果を紹介しましたが、これほど栄養豊富であれば、多くの病気の予防も期待できますし、美肌効果も抜群です。

日本ではまだまだなじみがない果物ですが、ブレークすると手に入りにくくなる可能性もあるので、ぜひ今のうちに一度試してみてください。

これを機に、家庭の「薬箱」として冷蔵庫にサジーを常備してみてはいかがでしょうか。