6da04853499a2277b652a89a72ca987c_s

塩麹(こうじ)は魚や肉などを柔らかくしたり美味しくしたりするだけでなく、とても栄養が豊富で健康や美容におすすめの食べ物です。

最近は腸活ブームにより、塩麴が発酵食品として注目されていますね。

どのような効果や効能があるのか、またおすすめの食べ方などについても紹介します。

塩麹とは?

塩麹」とは名前の通り「」と「麹」からできている調味料です。

米の麹に塩と水を加えて発光させて作ります。

そして麹菌から発生する酵素がタンパク質やでんぷんを分解することによって「アミノ酸」が生じます。

そこから「甘み」や「うまみ」が生まれて美味しくなり食材も柔らかくなるだけではなく、健康や美容に良い栄養成分がたくさん含まれています。

最近ではこの塩麴が腸内環境を改善すると知られるようになって人気も高まり、昔から食べれていた塩麹が近年見直されています。

塩麴の栄養成分と効果効能

塩麹に含まれる代表的な栄養成分を紹介します。

①【麹菌の働きや効果効能

麹(コウジ)菌を培養して作られる成分で実はカビの一種です。

この麹菌を顕微鏡で見ると花が咲いているように見えるため「糀(こうじ)」という字を使われることもあります。

麹菌の働きは

  1. 栄養素を消化・吸収しやすく分解する
  2. 旨味を感じるアミノ酸を生み出す
  3. 食物を軟らかくする

などがあります。

そして麹菌やその他の微生物、酵素の働きで食品が分解されて発酵が進みます。

麹のアミラーゼデンプン⇒ブドウ糖に、プロテアーゼタンパク質⇒アミノ酸に分解します。

発酵食品は、酵素の力により食べ物がより身体に負担のかからないかたちで胃や腸で消化・吸収されやすく、体内の消化酵素も無駄に使わないで済むという大きな利点があります。

麹菌の効果や効能

1.「腸内環境を改善する(いわゆる腸活)

人の体の免疫システム全体の70%腸に集中してると言われていて、腸内の免疫腸内細菌は密接な関係をもっています。

腸内細菌を健常な状態に維持することは、健康を維持していく上でも、病気の予防やアンチエイジングなどに役立つ上でも大変重要な問題です。

その為には腸内の善玉菌をできるだけ多くし、日々腸内細菌のバランスを整えてあげる必要があります。

麹の酵素によって生み出される「オリゴ糖」や「食物繊維」は、善玉菌エサになります。

これらを食べることで善玉菌が繁殖し、とくにビフィズス菌を増やします。

ビフィズス菌は腸内の善玉菌の最大勢力です。(乳酸菌ではありません)

このビフィズス菌が麹菌のおかげで数が増えることで、悪玉菌を抑えて腸内細菌のバランスが良くなります。

すると腸内環境を改善が改善し

  • 免疫力のアップ(病気にかかりにくくなる)
  • 便秘解消

などにつながります。

2.「美肌効果

を使って日本酒を醸造する杜氏(とうじ:酒作りの最高責任者)の手が白く、きめ細やかでキレイなのは有名は話です。

麹菌の発酵過程で生成される「コウジ酸」メラニンの生成を抑制することがわかり、その美白効果から、現在では化粧品などにも配合されています。

メラニンは日焼けやシミ、そばかすなどの原因となるので紫外線が特に強い時期には積極的に摂りたい成分です。

さらに麹菌は自身の代謝の過程で肌の代謝にかかわるビタミンB群を精製します。

②ビタミンB群

ビタミンB1、B2、B6、葉酸など

ビタミンB1は疲労回復の効果がある成分であり、また、神経機能を正常に保つ効果もあります。

最近イライラしがちだなと思ったらビタミンB1不足かもしれませんね。

ビタミンB2は細胞の再生を助けて成長を促し健康な髪や肌をつくり、口や目のなどの粘膜を保護してくれます。

またビタミンB6と一緒に摂ると肌の再生力がアップして美肌効果が高まるので

ビタミンB2とB6が両方豊富に含んでいる塩麹を食べると肌の状態が良くなります。

特にニキビや口内炎はビタミンB2不足のサインなので症状のある人は意識して食べるようにしましょう。

➂GABA(γ-アミノ酪酸)

GABAは天然のアミノ酸のひとつであるγ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)のことです。

GABAの効果や効能は

  • リラックスや快眠
  • ストレス抑制
  • 血圧を下げる
  • 認知症予防
  • コレステロールや中性脂肪を抑える
    などが挙げられます。

GABAには興奮作用を抑える効果があり、脳内にGABAが増えるとリラックスできて快眠ができると言われています。

最近は「GABA入りのチョコレート」などが人気がり、直接GABAを取ろうとする動きがありますね。

ただし、GABAそのものを摂取しても神経細胞に伝達されないため脳内では増えないため、実はほとんど意味がありません。

「じゃあ、塩麴を食べてもGABAの効果は期待できないの?」と思うかもしれませんね。

ですが、GABAを直接摂取しても脳内で増やすことはできなくても、GABAをつくる材料であるグルタミン酸を摂取すれば増やすことはできます。

グルタミン酸はアミノ酸の一種ですが、麹菌が作り出す旨味がグルタミン酸なので、塩麴を食べるとGABAの効果が期待できるわけです。

逆に「GABA入り〇〇」を食べてもグルタミン酸が入っていなければGABAの効果が期待できないということです。

④ペプチド

麹には、必須アミノ酸が発酵することで生成されるペプチドが含まれています。

ペプチドはアミノ酸が数個つながった構造を持つ成分で血圧を安定させる役割があります。

また、必須アミノ酸が脂肪を分解し、ドロドロした血液になるのを防ぐ役割があります。

これらの効能により動脈硬化や高血圧の予防が期待されています。

ペプチドは身体に活力を与えるのが基本ですが、それ以外にも

  • 疲労回復
  • 血圧を下げる
  • 免疫力を向上させる
  • 美肌や代謝の活性化

などの効果や効能も期待されています。

⑤α‐エチルグルコシド(α‐GC)

従来から麹には長期使用による肌の保湿効果があることが知られていましたが、2015年に新たに次の2つの保湿機能があることが発見されました。

①短時間で速効性のある水分保持機能(水分蒸発を抑える機能)がある

②真皮内で保湿効果が高いコラーゲンの生産量を増やす

両方ともに美肌に欠かせない機能ですがこの発見により、洗顔石鹸やシャンプー、入浴剤などのスキンケア製品。

飲用では保湿効果の高いコラーゲンを真皮内で増やす美容機能食品などの新しい商品開発がすすめられています。

塩麹の食べ方や作り方

塩麹の最大の特徴であり魅力なのは、タンパク質分解酵素の「プロテアーゼ」の存在です。

この「プロテアーゼ」が、お肉、お魚のタンパク質を分解し柔らかくしたり、栄養の吸収を助けたりする働きがあります。

また外部からの細菌やウイルス、伝染病から体を守る生体防御など多くの働きを担っています。

ただここで注意しなければならないのが、多くの市販の「塩麹」は熱を加えて殺菌処理がされているという点です。

殺菌処理をすると「塩麹」の魅力である「プロテアーゼ」の働きもなくなってしまっています。

そのため、なるべく生の「塩麹」を選ぶようにしましょう!

また、自分で「塩麹」をつくるのもおすすめです!

塩麴の作り方

「発酵食品は神様がもたらした奇跡」と語る発酵デザイナー・小倉ヒラクさんが、塩麹”の作り方をテレビ番組で教えていました。

発酵食品の手作りは面倒くさそうなイメージがありますが、塩麴はとても簡単です!

塩50g・麹100g・水200gをよく混ぜ合わせるだけで仕込みが完成します。

あとは1日1回かき混ぜながら常温で発酵させるだけです。

発酵期間の目安は

  • 冬が10~14日間
  • 夏は7日間

市販で購入するよりも安上がりなのがうれしいですね。

そして生の塩麹を食べるのであれば「栄養を吸収する」という観点から熱を加えないサラダや冷奴にかけたりするのがおすすめです。

このように「塩麹」は塩やお醤油、味噌と同じようにひとつの調味料として捉えてみてはいかがでしょう。

また「塩麹」は塩分が多く含まれているため、
なるべく海藻やキノコ、豆類などを一緒に摂ることがおすすめです。

海藻やキノコ、豆類に含まれるカリウムが塩分の排出をうながしてくれます。

もちろん肉や魚を柔らかくしたり、働きがあるので「美味しく食べる」というのであれば焼いて食べても構いません。

まとめ

  • 塩麹は食べ物を柔らかく、美味しくする働きがある
  • 健康・美容・ダイエット効果がある
  • 特の腸活におすすめ
  • 効果を得るのならば生の塩麴

腸活といえばヨーグルトをイメージするかもしれませんが、動物性の乳酸菌は身体に合わない人も多いです。

それよりも植物性の菌である麹菌を使って、善玉菌を増やし腸内環境を改善してみてはいかがでしょうか?

免疫力がアップするだけでなく、便通が良くなると体に害のある老廃物が外に出るので体調や肌の調子まで良くなると言われています。

そして健康や美容だけでなく、なんといってもうま味をアップしてくれるので、塩麴を使った料理は本当においしいです。

ぜひ塩麴を定期的に食べる習慣を見につけてください。