はるさめ

マロニーといえば、昔はお鍋の具として食べるぐらいのイメージしかなかったのですが、現在は低GI食品として人気が高まっているのをご存知でしょうか?

※GI値(GI=食後血糖値の上昇を示す指標)が低いほど、血糖値が急に上がらず、ダイエットに向いている

では、マロニーと似ている春雨(はるさめ)にもダイエット効果が見込めるのでしょうか。。。

そもそもこの2つにはどんな違いがあるのか気になり、調べてみました。

マロニーと春雨の違いって?

まずは、マロニーとはるさめのそれぞれの特徴をみていきましょう

マロニーとは?原料は何か?

ジャガイモからとれるデンプンコーンスターチを原料として作られる「はるさめ」の一種。
大阪府吹田市に本社を置く食品メーカー「マロニー株式会社(旧:大洋産業株式会社)」が、「はるさめ」より煮崩れしにくい商品として1963年に開発したもので、マロニーは商品名なのです。

7大アレルゲン不使用

マロニーは北海道産のじゃがいもでんぷんを使用し、コーンスターチを配合してつくられますが、非常に純度の高いでんぷんと水のみを使用しているので、7大アレルゲンも使われておらず、食物アレルギーの方でも安心して食べることができるといいます。

7大アレルゲンとは?
  • 患者の方の数が多い乳、卵、小麦、えび、かに
  • 重篤な症状に至ることが多いそば落花生
    これら7品目を指す

用途

  • 鍋料理の具材
  • サラダ
  • 和え物
  • チャプチェ
  • 肉じゃが

などに用いられることが多いです。
最近ではダイエット食品として、パスタやラーメンなどの麺の代わりに食事に取り入れる方が増えているそうです。

由来

「マロニーはどうしてマロニーという名前なんですか?」 皆様からよくこんな質問を受けます。
実は当社内でも確たる答えはなく、議論百出の状態です。が、ここに大変有力だとされている説がありますので、ご紹介させていただきます。

マロニーの創作者であり、創業者の吉村義宗は、終戦後シベリアでの抑留生活を余儀無くされました。その厳しい生活のなかでの体験が、その後の彼の人生に大きな影響を与えます。そして、マロニーもその例外ではありません。

日本に帰って来た吉村が開発したのが、ジャガイモのでんぷんを原料にしてつくる新しいはるさめでした。さてこの画期的な新製品にどんな名前をつけようか。当時の専務が頭をひねって考えたネーミング案の一つに、吉村の心を強く揺さぶるものがありました。それが「マロニー」です。

「まろやかに煮えるから、マロニー」というシンプルな連想だったのですが、吉村はその響きから遠くシベリアの工場で一緒に働いていた一人のロシア娘を思い起こしたのです。愛称マロン。愛くるしい笑顔が印象的で、誰にも別け隔てのない明るい性格の持ち主で、暗くてつらいシベリア生活のなかでも、彼女のまわりだけはいつも明るい光が満ちあふれていました…。「まろやかさ」と、このシベリア少女のイメージを重ね合わせて、吉村はこの画期的なはるさめを「マロニー」と呼ぶことに決めたのでした。

というのが、この説のあらましですが、真実は吉村の胸のなかにしまいこまれたままです。いつかすべてが明らかになるまで、自由に想像力をはたらかせて楽しんでいだければ幸いです。 マロニー株式会社公式ホームページより

話題のCM

ある程度の年齢の方であれば、みなさんご記憶にあるのではないでしょうか。

女優の中村玉緒さんが「マロニーちゃん」と歌っているテレビCMです。

このCMにより、全国的にマロニーが知られるようになったといいます。

実は「マロニーちゃん」は、玉緒さんのアドリブで口ずさんだものだったとか。

春雨とは?原料は何?

春雨「さつまいもでんぷん」「もやし」の原料である「緑豆」などを主原料にしています。
原材料が、マロニーと異なる点ですね。

春雨は、約700年前の鎌倉時代に中国から伝来したものといわれています。

しかし実は、漢字で「春雨」と表記し「はるさめ」と呼ぶのは日本独自のもので、ところてんのように細い穴のあいた容器に生地を入れて押し出して作る様子が春の細い雨ようだということから「春雨」とよばれるようになりました。

中国では「粉絲(フェンスー)」「粉条(フェンチャオ)」、台湾では「冬粉(タンフン)」などと呼ばれています。

ご存知のように、麻婆春雨や、サラダ、春巻きの具材によく用いられますね。

近年は、小麦粉の麺よりも低カロリーであることなどから「スープ春雨」や「春雨ヌードル」としてインスタント食品の麺料理も数多く商品化されています。

カロリーの違い

カロリー的にはどのような違いがあるのでしょうか。
(乾燥100g当たり)

マロニーのカロリー

349kcal
1食分20g(乾燥)にすると69Kcal

春雨

350kcalのカロリー
1食分20g(乾燥)にすると68kcal

比較すると

マロニー春雨を比較してもあまり変わりはありません。

食べ応えがある点で、マロニーの方が同じ量でも満腹感を感じることができるかもしれませんね。

またマロニーは低GI食品低GL食品なので緩やかに消化吸収されるため、血糖値が上がりにくく脂肪になりにくいとも言われています。

※GI値とは、『食後の血糖値の上昇』を示すもので、GL値とは、『GI値×炭水化物の量』を示すもの

実はマロニーの中には豊富な食物繊維が含まれているので、ダイエットの大敵である便秘にも効果を発揮してくれます。

この他にも炭水化物を分解するアミラーゼという成分も含まれていてエネルギーに変換しやすくなります。

そのため「マロニーの方がダイエット向きの食材である」と言われています。

注意

アミラーゼという成分は、たくさん摂取しすぎるとお腹を壊す原因にも繋がってしまいます。

最近は下痢が続いてしまうと逆に太りやすくなるとも言われていますので注意が必要です。

 

栄養成分

栄養成分の違いを見て行きましょう。
(乾燥100g当たり)

マロニー 春雨
タンパク質 0.1g 0g
脂質 0.2g 0.2g
炭水化物 86.8g 86.6g
ナトリウム 35.3mg 7mg

マロニーと春雨は、栄養素でもそれほどの差はありません。

「マロニー」と「マロニーちゃん」が存在する?

上の写真のように、マロニーマロニーちゃんと2つのパッケージが存在する?
…などと密かな話題になっているそうです。

製造元であるマロニー株式会社によると
地元である西日本では『マロニー』、東日本では『マロニーちゃん』として販売されています。

なぜ地域によって違うのか

地元では『マロニー』定着していましたが、東日本ではCMで使われた『マロニーちゃん』フレーズの方が有名になったためだそうです。

商品名を統一することも検討されたそうですが、すでに定着している地域での混乱を避けるために、あえて2つの商品を出し続けているそうです。

パッケージのキャラクター

マロニー株式会社の前身は、もやし屋でした。

そのため、パッケージのキャラクターである「マロニーちゃん」の頭についている葉は、もやしの葉だそうです。

マロニーを購入した際は、パッケージにも注目してみてくださいね。

生マロニー

生マロニーというものがあるのをご存知ですか?

生マロニーは乾燥麺を戻したものではなく、原料から直接製麺化されたものだそうです。

それぞれの食感を表現すると生マロニーはもっちりプリプリ乾燥マロニーはつるつるシコシコ感があります。

乾燥マロニーの茹で時間が6分程度に対し、生マロニーは1分程度でよいので、手軽ですね。

食感を楽しみたい場合や、すぐお料理に使う場合は生マロニー、常備しておくなら乾燥マロニーが便利ですね。

まとめ

マロニー

  • ジャガイモからとれるデンプンとコーンスターチを原料として作られる「はるさめ」の一種。
  • 低GI食品、低GL食品で緩やかに消化吸収され、血糖値が上がりにくく脂肪になりにくいとも言われる。
  • 豊富な食物繊維が含まれているので、ダイエットの大敵である便秘にも効果を発揮。

春雨

  • さつまいもでんぷんや、もやしの原料である「緑豆」などが主原料。
  • 春雨は糖質が高めな食材ですが、GI値がとても低く血糖値の上昇を穏やかにする働きがあります。

いかがでしたか。
お鍋のシメにラーメンもおいしいですが、ちょっと健康に気を使ってマロニーに変えてみるのも良いですね。
そんな時は、「マロニー」と「マロニーちゃん」のうんちくを披露してみては?