376fb03af8886f1d67cc126d113f3e29_s

最近はさまざまな健康茶が注目されていすが、日本人が昔から飲んでいる緑茶にも多くの効果や効能があります。

緑茶にはどのような栄養成分が含まれているのか、そしてカフェインの影響を心配する人が多いですが、1日の摂取量はどれくらいまで良いのかについても紹介します。

緑茶の注目の栄養成分と効果効能について

カテキンの効果効能

緑茶の注目の栄養成分と言えば渋み成分のカテキンです。

カテキンポリフェノールの一種でビタミンEの20倍もの抗酸化力がありさまざまな効果が期待できます。

カテキンの期待される健康効果

  • 血中コレステロールの低下
  • 血圧・血糖値上昇抑制作用
  • 生活習慣病の予防

などがあり、生活習慣病予防になると期待されています。

実際2013年に東京大や国立がん研究センターなどの研究チームが緑茶やコーヒーを毎日たくさん飲むと、心臓病や脳卒中などで死亡するリスクを低下させるとの調査結果が発表されました。

参考サイト:国立がん研究センター「緑茶・コーヒー摂取と脳卒中発症との関連について

この調査ではガン死亡リスクとの関連はみられなかったようですが、緑茶の生産地である中川根町では胃がんを発症する男性の割合が全国平均の約5分の1との調査結果が出ています。

また埼玉県立がんセンターの研究では埼玉県民の男女ともに緑茶を1日10杯以上飲む人での発生率は4割以上抑えられたという調査結果が出ているので、ガンにも効果があると期待されています。

カテキンのダイエット効果

カテキンには中性脂肪を減少させる働きと体の脂肪燃焼効果が期待されているため、ダイエットに最適と言われています。

カテキンの美肌効果

抗酸化作用とは酸化を防ぐ、つまり老化を防止するという意味です。

歳を取るにつれて、加齢や紫外線などにより、シミやしわなどが増えていきますが、カテキンの抗酸化成分を摂ることによって、シミやしわ、くすみなどを予防する効果や紫外線から守ってくれるなど美容効果が期待できます。

カテキンのその他の効果

  • 口臭予防(脱臭作用)
  • 虫歯予防

口臭予防に関しては食後に緑茶を飲むと効果的と言われています。

そして口臭の原因のひとつと言われている虫歯にもカテキンの効果は期待できますが、緑茶に含まれるフッ素も虫歯に効果があると言われています。l

  • 抗インフルエンザ作用

カテキンは免疫力をアップする作用があり、これにより風邪やインフルエンザの予防に効果があると言われています。

  • 認知症予防

ある調査では日頃からたくさん緑茶を飲んでいる人は老化も遅いことが判明しています。

またボケ防止だけではなく最近の研究では、記憶力や学習力の向上させる効果があることもわかっています。

注目のエピガロカテキンガレートとは?

カテキンにはいくつか種類があり、その一つがエピガロカテキンガレートです。

この成分は他のカテキンよりも強い抗酸化作用があり、動脈硬化に効果があると実験結果が出ています。

これはエピガロカテキンガレートが動脈硬化の原因物質を分解したためと言われています。

エピガロカテキンガレートが多く含まれる緑茶の種類は?

実は「緑茶」と言っても、いくつか種類があるのをご存知でしょうか?

緑茶の種類には

  • 煎茶
  • 抹茶
  • 玉露
  • ほうじ茶

これらが代表的な緑茶です。

その中でもエピガロカテキンガレートが多く含まれる順番は

1位煎茶(1リットル当たり340ml)
2位抹茶
3位玉露
4位ほうじ茶

となります。

煎茶は日本人が日常に飲んでいる代表的な緑茶で、日光を遮らずに栽培し、茶葉を蒸して揉みながら乾燥させたものです。

特に煎茶ほうじ茶17倍多くエピガロカテキンガレートが含まれています。

動脈硬化が悪化すると心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病など多くの生活習慣病にかかる可能性があります。

予防のためにも抗酸化作用が強力なエピガロカテキンガレートを多く含む煎茶を飲むのはおすすめです。

ただ飲み方に注意が必要です。

エピガロカテキンガレートを効率よく摂れる飲み方

まずお湯の温度はぬるいお湯よりも温度が高いお湯の方がエピガロカテキンガレートが多く茶葉から出ます。

ただ急須に沸騰したお湯を入れた普通の飲み方では30%程度しか摂取できず、他は茶葉に残ってしまいます。

そこで効率良く摂るには「粉末にした煎茶」がおすすめです。

これならば茶葉にエピガロカテキンガレートが残ることなく全て飲むことができるのでおすすめです。

もちろんビタミンなどの他の栄養素も粉末タイプの方が効率が良く摂ることができます。

緑茶に含まれるビタミンの効果効能

緑茶にはビタミンが他の飲み物と比べても豊富に含まれています。

  • ビタミンC:コラーゲン形成、抗酸化作用、免疫力アップ
  • ビタミンB2:皮膚や粘膜の健康維持
  • 葉酸:動脈硬化の予防
  • β-カロテン(ビタミンAに変化):美肌効果、成長促進効果
  • ビタミンE:抗酸化作用「若返りのビタミン」

特にビタミンCとEを一緒に摂ると抗酸化力がさらにアップすると言われています。

さらにカテキンも抗酸化成分なので緑茶を飲むことで健康、そして美容に良い効果が期待できるわけです。

テアニンの効果効能

緑茶のうまみ成分であるテアニンはアミノ酸の一種で、緑茶に含まれる半分以上のアミノ酸はテアニンです。

テアニンは脳の神経細胞を保護する働きを持ったりリラックス効果が期待できます。

このように緑茶(特に煎茶)には多くの効果や効能が期待できるわけです。

緑茶のカフェインによる影響

カフェインは緑茶だけなく、紅茶やウーロン茶、ココア、コーラチョコレートなどにも含まれています。

カフェインは適量ですと眠気や疲労感を取り除いてくれる覚醒作用があります。

栄養ドリンクも飲むと元気になったような気になりますが、これはカフェインによる効果が大きいです。

ただしカフェインを過剰摂取すると強い不安感やパニック発作など身体だけでなく、心にも負担をかけてしまうことがわかっています。

となるといくら緑茶が健康や美容に効果があるといっても、カフェインの過剰摂取を考えると1日何杯まで飲めば良いのかと思うかもしれません。

緑茶は1日何杯まで?

カフェインは1日300mg程度であれば問題ないのです。

ですが500mg以上摂取してしまうと急性中毒症と言われる

  • 神経過敏
  • 興奮
  • 睡眠障害
  • 顔面硬直
  • おう吐などの胃腸症状

などの危険性があると言われています。

WHO(世界保健機関)では1日300mgまでのカフェインの摂取の上限を定めています。

緑茶(煎茶の場合)のカフェインの量は100g当たり(湯呑1杯)20㎎程度です。

WHOなどの基準に合わせると10杯以上飲んでも大丈夫になります。

また先程も紹介したリラックス成分のテアニンがカフェイン興奮作用を抑制するため、他のカフェイン入りの飲み物と比べても
カフェインの影響は少ないと言われています。

先程紹介した埼玉県立がんセンターでも1日10杯以上飲んだ人はガンの抑制に効果があったという調査報告があるように、10杯程度では問題はありません。

実際に緑茶の飲みすぎによるカフェイン中毒により、命の危険にさらされたという事例はありません。

ただしコーヒーやコーラなどの飲み物をよく飲んだり、チョコレートをたくさん食べる人が緑茶を飲むとなると、かなりのカフェインを摂ることになります。

特に妊婦さんはカフェインがお腹の赤ちゃんにも影響を与えるのでできるだけ控えた方が良いです。

お茶を飲むならばノンカフェインの麦茶ルイボスティー、桑茶をおすすめします。

また緑茶に含まれるタンニンには食物に含まれている鉄分の吸収を抑制する働きがあると言われています。

貧血がひどい方は控えるようにしてください。

まとめ

緑茶は昔に比べると日本人の摂取量が減っているというデータもありますが、健康や美容にかなり効果があるので是非毎日飲みましょう。

テアニンがカフェインの興奮作用を抑制する効果があるのと、煎茶であればそれ程カフェインが入っていないのである程度飲んでも悪影響はありません。

ただし、知らないうちにコーヒーなどの飲み物で摂取している可能性がありますし、鉄分の吸収を抑制する働きもあるので飲み過ぎだけは気を付けましょう。

私は緑茶が健康に良いと聞いてから粉末の無農薬の煎茶を1日5杯前後飲んでいますが、とても健康なだけでなく、荒れやすかった肌がとてもキレイで吹き出物も出なくなりました。

ペットボトルの緑茶でも良いのですが、より効果が高いのは無農薬の粉末緑茶です。

毎日の飲んで健康的に美しくなりましょう。