最近徐々にではありますが、グリーンナッツオイル(別名サチャインチオイルインチオイル)やサチャインチナッツの人気が高まってきましたね。

グリーンナッツオイルサチャインチナッツも同じサチャインチという植物から採れるものですが人気が出てきた分商品も増えてきて、どのような基準で選んだら良いかわからない方も多いのではないでしょうか?

またこの人気に便乗して質の悪い商品を販売したり、低品質なのにいかにも高品質をうたっている場合もあるので注意が必要です。

今回はグリーンナッツオイルサチャインチナッツの正しい選び方やおすすめ商品について紹介します。

グリーンナッツオイルやサチャインチナッツの正しい選び方

食用油を買うときに、あなたはどのような基準で選んでいますか?

もしかして「大手メーカーの商品だから」とか「特価品だった」という理由で購入していないでしょうか。

日本で今一番売れている食用油は「サラダ油」です。

テレビCMなどでも良く見かけますし、価格も安く長期保存が可能なので使い勝手が良い油です。

ですが

詳しくは「サラダ油の危険はウソ、本当?トランス脂肪酸、遺伝子組み換えの問題と正しい選び方について」で紹介しているので参照していただきたいのですが

  • 毒性のある溶剤の使用
  • トランス脂肪酸の問題
  • 高温処理による有害物質の発生
  • 高温処理による栄養素の除去
  • 遺伝子組み換え問題
  • リノール酸の過剰摂取

これらの理由で家庭で使用する油にサラダ油を使用するのはあまりおすすめできません。

正しいグリーンナッツオイルの選び方としては低温圧搾(またはコールドプレス)製法と書かれているものを選びましょう。

これらは低温でじっくり時間をかけて製造していますので、価格が高くなるものの、サチャインチ(グリーンナッツ)の栄養成分も残り、トランス脂肪酸の心配もありません。

またグリーンナッツオイルだけでなくサチャインチナッツの選ぶポイントは原料です。

いくら低温圧搾製法でも原料が農薬まみれだったり、栽培環境が劣悪ですと効果が半減どころか体に悪影響を及ぼす可能性もあります。

特に海外産の原料の場合は詳しい産地やルートが不明の場合も多いので、必ず有機(オーガニック)認証されているものを選ぶようにしましょう。

有機(オーガニック)認証を取得するには農薬を使用しないというだけでなく、栽培方法などいくつかの問題をクリアしないと取得できません。

ただし、どこの国の認証で良いわけではありません。

日本のJAS(日本農林規格)アメリカ(USDA)、EUなど先進国の機関の認証は信頼性が高いです。

左から日本、アメリカ、EUのマークです
「左から日本、アメリカ、EUの有機認証マーク

「でもサチャインチは中南米で栽培されているので意味ないのでは?」と思うかもしれません。

ですがアメリカや欧米などの先進国以外の国のオーガニック商品を「有機JAS認定品」として販売する場合は、日本から有機JAS認定機関の検査員を派遣して「有機JAS」法にのっとって審査し認定を取得する必要があります。

実際に原料が外国産のグリーンナッツオイルでも有機JAS認証が付いている商品があります。

このようにオーガニック認定品といっても

  • 有機JAS認定品
  • JAS規格と同じ水準と認められた国の機関の認定品

この条件に合ったものを選ぶようにしましょう。

このようにグリーンナッツオイルを選ぶ条件は

  • 低温圧搾(コールドプレス)製法
  • 有機(オーガニック)認定

を確認するよにしてください。

サチャインチナッツの場合は有機(オーガニック)の
商品があればそれを選びましょう。

いずれの場合もきちんと商品のパッケージに記載されていますので確認してから購入しましょう。

おすすめのグリーンナッツオイルとサチャインチナッツ

グリーンナッツオイル(サチャインチオイル)のおすすめは

①「レインフォレスト・エキストラバージンオーガニックサチャインチオイル

この商品は低温圧搾(コールドプレス)製法なのはもちろんのこと、有機JAS認定ですので安心して購入できます。

有機JAS認定 エキストラバージン オーガニック サチャインチオイル 170g(Amazon)

オオサワジャパン・オーガニック グリーンナッツオイル

こちらも有機JAS認定品で低温圧搾製法のグリーナッツオイルです。

販売元のオオサワジャパンは高品質で安心・安全な商品を取り揃えていますので安心して購入できます。

オーガニック インカインチオイル(グリーンナッツオイル) 180g(Amazon)

これらの商品だけではなくグリーンナッツオイルは比較的どの商品を見ても低温圧搾製法のものが多いので、あとは有機(オーガニック)かどうかを確認して購入しましょう。

ただ商品によってはサイトの説明文にはコールドプレス製法と書いてあるのに実際の商品のラベルには何も書かれていないものもありました。

このような商品は購入しない方が無難です。

そしてサチャインチナッツ

レインフォレストのナッツがおすすめです。

こちらももちろん有機JAS認定のナッツなので安心して食べることができます。

またこちらの商品はサチャインチの種をローストして、アンデスピンクソルトで味付けをしているので食べやすいです。

このアンデス産のソルト(塩)は不健康な食塩ではなく、太古に海底が隆起してアンデス山脈が作られた時に海水が自然結晶したものです。

天然のミネラルが豊富に含まれているので健康にも良い塩です。

ナッツ類ではくるみがαリノレン酸が多いと言われていますが、脂質の10%程度です。

このサチャインチナッツのαリノレン酸は脂質の52%を占めています。

世界一オメガ3系脂肪酸(αリノレン酸)がとれるナッツはサチャインチナッツです。

JAS認定オーガニック 有機ロースト(素焼き) サチャインチナッツ(アマゾン)

αリノレン酸やビタミンEなどのグリーンナッツオイルの栄養などについては下記の記事で紹介しています。

グリーンナッツオイルの注目の栄養成分と効果効能や摂取量、食べ方(加熱)について

まとめ

食用油を選ぶときはどの場合でも必ず低温圧搾(コールドプレス)製法なのかを確認してください。

有機栽培であれば、さらにおすすめです。

そして栄養を摂るならば、サチャインチナッツがおすすめです。

サチャインチオイルの摂取できる栄養素は脂肪酸(α‐リノレン酸など)とビタミンEくらいですが、サチャインチナッツの場合はタンパク質やアミノ酸も摂ることができます。

たくさんのナッツ類の中でもα‐リノレン酸が断トツに多く含まれているので、ぜひ一度お試しください。

ニオイは草のような香りがして味もクセが多少ありますが、濃い味の料理にかけたり、私の場合はアイスクリームにかけたりして食べています。(相性が良いです)

ぜひ健康のためにグリーンナッツ(サチャインチ)オイルやサチャインチナッツを食べてみてください。


コメントを残す