リンゴ酢にはさまざまな効果や効能が期待されていますね。

ですが飲む目的別によって、おすすめする飲み方が違います。

そのため「リンゴ酢の効果的な飲み方」と言っても、人により飲むタイミングが変わります。

自分に当てはまる飲み方を知って効果を発揮しましょう。

リンゴ酢は「健康維持のため」または「ダイエットのため」などの理由によって飲むタイミングが変わります。

ぜひ目的に合った飲み方を覚えてくださいね。

リンゴ酢の目的別の飲むタイミング

①血糖値が高い・睡眠障害の人

食前がおすすめ

血糖値が高い人は寝ている間に血糖値ががジェットコースターのように上下する場合があります。

このような人は睡眠時間は十分でも疲れが取れず朝起きるとつらくなり睡眠障害になる可能性もあります。

そして、そのままにしておくと糖尿病になる場合もあるので注意が必要です。

これを防ぐには血糖値が急上昇しやすい食事の前にリンゴ酢を飲むことです。

注意したいのが、食前にリンゴを酢を飲むと胃が刺激されて食欲が増してしまう人がいます。

暴飲暴食につながる可能性もあるので気をつけましょう。

大さじ1杯のリンゴ酢を大さじ5杯の水(合計90ml)に混ぜて飲みます。

の代わりに炭酸水の方がお腹が満たされるのでおすすめです。

②健康維持のために飲む人

食事中がおすすめ

お酢に含まれている酢酸は食べ物に含まれているカルシウムの吸収を高める働きがあります。

今の日本人はカルシウム不足の人が多いです。

摂ったカルシウムを効率よく吸収するため、食事中にリンゴ酢を飲むことをおすすめします。

また血糖値が高い人は食前でも食事中でも大丈夫です。

可能であれば食前と食中2回に分けて飲むとより効果的です。

③ダイエット中の人

食事中または食後がおすすめ

先ほども紹介したように食前にリンゴ酢を飲むと胃が刺激されて食欲が増し、暴飲暴食につながる可能性もあります。

一番のおすすめは健康にも良い食事中です。

健康的にダイエットしましょう。

④運動する人

運動前と後どちらでも良い

リンゴ酢には疲労の蓄積を抑えてくれる効果があるので、運動する前に飲むのがおすすめです。

もしくは疲労の早期回復のために運動後でも構いません。

できれば運動前と運動後どちらも飲んでみましょう。

寝る前に飲んでも良い?

夜遅くに帰って食べたらすぐ寝るという人は、寝る前でもまだ胃の中に食べ物が残っているので飲んでも構いません。

ただし、夜ごはんを食べてから寝るまで時間があって、空腹状態で飲むのはおすすめできません。

胃を痛める可能性があります。

リンゴ酢の効果的な飲み方

リンゴ酢とリンゴ

リンゴ酢はお酢の種類の中では飲みやすいです。

ですがそのまま飲むのはおすすめできません。

人間の食道は強い酸に耐えることができません。

お酢をそのまま飲んだ場合、気管に入ってしまうことがあるので注意しましょう。

また空腹時にお酢を飲むと胃が荒れる原因となります。

血糖値が高い人で食前に飲む場合は空腹の状態でリンゴ酢をいきなり飲まないようにしましょう。

その際水など90~100mlにリンゴ酢大さじ1杯(15ml)を混ぜます。

また、薄めても飲みにくい場合はハチミツやオリゴ糖を入れて飲むのがおすすめです。

リンゴ酢の1日の摂取量や飲む回数は?

リンゴには多くの効果や効能が期待されている飲み物です。

詳しくはリンゴ酢の効果や効能がスゴイ!注目の栄養成分は?をご覧ください。

ですが飲みすぎには注意が必要です。

1日の摂取量は大さじ1杯(15ml)から多くても2杯(30ml)までにしましょう。

また2杯分飲むときも一度にではなく1日2回以上に分けて飲むことをおすすめします。

朝と夜1回ずつ、または夕食の前と食事中にそれぞれ飲んでも良いです。

分けて飲むほうが胃にもやさしいです。

リンゴ酢を飲む際は歯も注意

お酢を飲む時に注意するのは胃や気管だけではありません。

お酢に含まれている酸によって歯の表面エナメル質が溶けやすくなると言われています。

エナメル質が溶けると「知覚過敏」になりやすく、冷たい物を食べると歯がしみたり、エナメル質の薄い部分に虫歯菌が入りこみ、虫歯ができやすくなります。

りんご酢の摂取後はよく口の中をすすぎ歯に酸が残っていないようにしましょう。

飲んだ直後は酸性の度合が高いため、すぐに歯磨きをすると歯を痛めてしまいます。

30分以上経ってから歯磨きをすることをおすすめします。

特に寝る前は注意が必要です。

お酢を飲むと口の中は強い酸性になりますが、そのまま寝てはいけません。

歯が溶けやすい状態で過ごすことになるので、しっかりと歯をみがきましょう。

(飲み忘れたからといって寝る前に飲むのはあまりおすすめできません)

まとめ

食前にリンゴ酢を飲むのがおすすめ

  • 血糖値が高い人(食事中でも可)
  • 睡眠障害の人

食事中にリンゴ酢を飲むのおすすめ

  • 健康維持のために飲む人
  • ダイエット中の人(食後でも可)

運動する人

  • 運動前がおすすめ(運動後も効果があるので前後に飲んでも良い)

このように目的によって飲むタイミングが違いので自分の都合に合わせて飲んでください。

効果的飲み方は水・炭酸水など90~100mlにリンゴ酢大さじ1杯(15ml)を混ぜます。

これを1日1回か、多くても2回までにしましょう。

注意点

  • 薄めないで飲むと気管と胃を痛めやすい
  • 飲んだ後30分後くらいに歯磨きをするのがおすすめ
    歯のエナメル質を痛めて歯がもろくなる

健康や美肌・ダイエット効果があるリンゴ酢ですが、飲むのをやめると効果がすぐになくなると言われています。

※特にダイエット

飲む量は少なくて良いので、忘れずに継続して飲むようにしましょう。