リンゴ酢とリンゴ

お酢の中でも飲みやすいリンゴ酢は最近とても人気がありますが、商品を購入するときに、どんな基準で選らんでいますか?

「安くて量が多い」という基準で購入すると、本来のリンゴ酢の効果や効能を得ることができない可能性が高いです。

今回はまず、「リンゴ酢」と「純リンゴ酢」の違いを知ってから、おすすめのリンゴ酢を紹介します。

リンゴ酢の正しい選び方!純リンゴ酢との違いは?

スーパーのお酢のコーナーでリンゴ酢を探すと商品のラベルに

  • リンゴ酢
  • 純リンゴ酢

と2つの表記があります。

その違いがわかりますか?

「純リンゴ酢」リンゴ(またはリンゴ果汁)だけを原料として作ったものです。

一方ただの「リンゴ酢」は「純粋ではないリンゴ酢」となります。

つまり原料がリンゴだけでなく、アルコールが加えられています。

お酢の基本的な作り方は

  1. 原料に酵素と酵母を混ぜる
  2. 原料に含まれるデンプンをアルコールに変える
  3. 2に酢酸菌を加える

これらの工程を経て、お酢の主成分の酢酸に変化させます。

リンゴにアルコールをプラスする理由は、それによって製造日数を短くすることができるからです。

またリンゴ酢は一般的に純リンゴ酢より価格が安いですが、その原料のアルコールの品質が高いとは考えられません。

安いアルコールを使ってリンゴ酢を薄めて、製造日数を短くして大量生産するという普通の「リンゴ酢」が「純リンゴ酢」と同じ効果や効能を得ることはできます。

リンゴ酢を選ぶ際には

  • 本来のリンゴ酢の効果や効能を得たいならば「純リンゴ酢
  • 味付けに使用して安く抑える場合は「リンゴ酢

を選ぶようにしてください。

その他にもリ原料のリンゴが

  • 外国産か国産
  • 有機(無農薬)栽培

という基準で選ぶ人もいるでしょう。

その場合、パッケージに国産と書いていなければ100%外国産です。

また有機(オーガニック)栽培のリンゴを使用していたら、必ず表記されているので、それ以外は無農薬栽培ではないということになります。

ただ有機のリンゴを原料としているリンゴ酢はほぼ100%が外国産です。

国産で有機リンゴを使用しているリンゴ酢は市場には出回っていないと考えて良いでしょう。

この点を踏まえてこれからおすすめのリンゴ酢をいくつか紹介します。

おすすめのリンゴ酢

①味付け用・安い「リンゴ酢」

原料がりんごとアルコールの「リンゴ酢」です。

リンゴ酢の効果は純リンゴに比べて期待できませんが、味付け用におすすめです。

ミツカン リンゴ酢

大手食品メーカー「ミツカン」のリンゴ酢です。

1.8リットルの大容量で584円と、とてもお手頃価格です。

原料はリンゴとアルコールなのでただの「リンゴ酢」ですが、

味付け程度に使用するのであれば、おすすめのリンゴ酢です。

ミツカン リンゴ酢(ペットボトル) 1.8L(アマゾン)

②純リンゴ酢おすすめ商品

リンゴ(またはリンゴ果汁)を使用した純粋なリンゴ酢です。

おすすめ①ミツカン 純リンゴ酢 500ml

 

リンゴ果汁だけを使用している「純リンゴ酢」です。

しかも国産のリンゴを使用しています。

ミツカン リンゴ酢」と比べても香りが強くてフルーティーなので、リンゴ酢ドリンクとして飲むのもおすすめです。

リンゴ酢ドリンクの作り方

  • 純リンゴ酢:小さじ2
  • ハチミツ:小さじ2
  • 水、又は炭酸水:150ml

ミツカン 純りんご酢 500ml

おすすめ②「内田醸造 純リンゴ酢 500ml

ミツカンの純リンゴ酢」同様に国産のリンゴ果汁を使用しているだけでなく、中央アルプスの伏流水を使用してアップルワイン(酢もろみ)を作り、酢に醸造しています。

より質の良い純リンゴ酢を選ぶならこちらがおすすめします。

内堀醸造 純りんご酢 500ml(アマゾン)

➂有機純リンゴ酢おすすめ品

内田醸造 美濃 有機純リンゴ酢 360ml

国内産のリンゴ酢ではありませんが、JAS有機認定のリンゴを使用しているので安心です。

とてもまろやかで飲みやすく、国内製造のリンゴ酢の中では最高品質です。

美濃 有機純りんご酢 360ml(アマゾン)

biologicoils イタリア産有機リンゴ酢 500ml

100%イタリア産の有機栽培されたオーガニックリンゴから圧搾されたリンゴ果汁を使用しています。

この有機りんご酢は国際規格HACCP認証のある厳重に品質管理されているイタリアフィレンチェの工場で醸造した新鮮なりんご酢をその場ですぐに充填しています。

そのため開封するまで酸化や品質の心配がなく安心して飲めるがおすすめポイントです。

実際に今までいろいろなリンゴ酢を飲みましたが、飲んだ時のマイルドさは一番です。

biologicoilsイタリア産有機りんご酢 500ml(アマゾン)

④リンゴ酢ブレンドおすすめ品

リンゴ酢に他の原料をプラスして飲みやすくしたり、さらに栄養価を高めたりと、ブレンドのリンゴ酢を紹介します。

内田醸造フルーツビネガー有機リンゴ酢1L

こちらはリンゴ酢にリンゴ果汁を加えてさらに飲みやすくしたものです。

リンゴ酢はお酢の中では飲みやすいほうですが、それでも酸っぱくてダメという人におすすめです。

またリンゴ酢もりんご果汁も有機栽培のリンゴを使用しているので安心して飲むことができます。

内堀醸造 フルーツビネガー有機りんごの酢 1L

坂元醸造 黒酢とりんご500㎖

この商品は黒酢に国産リンゴとオリゴ糖混ぜています。

(正式にはリンゴ酢ではなく、黒酢です)

黒酢の本場鹿児島の坂元醸造は1800年代の江戸時代後期から続いている老舗の黒酢メーカーです。

黒酢も美容や健康、ダイエットに効果が期待できますが、リンゴ酢と比べて飲みにくいです。

ですがリンゴとオリゴ糖を混ぜることでとても飲みやすくなりました。

ぜひ一度お試しください。

坂元醸造 黒酢とりんご 500ml

リンゴ酢のおすすめ商品を紹介しましたが、手作りも簡単です。

ぜひ下記の記事を参考にしてください。

リンゴ酢の驚きの効果や効能!その栄養成分と摂取量や効果的な飲み方、作り方を紹介

まとめ

  • リンゴ酢は原料がリンゴ果汁のみ
  • 純リンゴ酢は原料がリンゴ果汁アルコール

という違いがあります。

リンゴ酢の効果や効能を期待して飲むならば純リンゴ酢を、

味付け程度であれば安いリンゴ酢を選びましょう。

ただ実際は味付けではなく、美容や健康、ダイエットに本当に多くの効果が期待できるので、できれば純リンゴ酢を毎日少しずつ飲むことをおすすめします。

リンゴ酢の効果や効能、摂取量などについては

リンゴ酢の効果や効能がスゴイ!注目の栄養成分と1日の摂取量と注意点についてをご覧ください。

リンゴ酢を毎日飲んでぜひ美しく元気に、そしてスリムになりませんか?